諏訪市 原田泰治美術館|TAIZI HARADA ART MUSEUM
原田泰治の世界で遊ぶ 絵画キルト大賞 原田泰治美術館 友の会 原田泰治美術館 ボランティア

展示のご案内

企画展のご案内

原田泰治美術館では、企画展を随時開催しております。
こちらもぜひあわせてご覧ください。
現在開催中の企画展の内容は、下記リンクよりご覧ください

>> 第1展示室の展示内容はこちらから
>> 第2展示室の展示内容はこちらから


原田泰治美術館では、企画展を随時開催しております。
こちらもぜひあわせてご覧ください。

【企画展】2017.10.4~2018.3.25「切手にひろがる心の風景Ⅱ」

郵便事業株式会社では、郵政民営化後初となる新生ふるさと切手として、日本のふるさとを描き続けてきた原田泰治氏を抜擢し、〈ふるさと心の風景〉シリーズを2008年から発行しました。

原田氏が描く、昔懐かしい全国各地のふる里の風景や、ポストのある風景などを題材としたシリーズは好評を博し、第6集で区切りとする予定が、第10集まで展開されました。

本展では、シリーズの内、第410集から選りすぐりの作品を展示します。花、祭りのある風景などの原画をご覧いただきます。また完売となり入手不可能となった切手シートも一緒に展示します。


 1 展覧会名

[企画展] 原田泰治が描く 切手にひろがる心の風景Ⅱ

 

2 会 期

 平成29年(2017年)104日(水)~平成30年(2018年)325日(日)

 月曜休館(祝日は開館)年末年始(1229日~11日まで休館)

 

3 会 場

 [企画展]  諏訪市原田泰治美術館 第1展示室

【展覧会】2017.9.15~2018.2.25「絵画キルト大賞作品展」

「原田泰治さんの絵画作品をキルトで表現したい」の声から始まった公募展・絵画キルト大賞。

本展では、全国から沢山のキルトが寄せられる中、審査で選ばれた第1回~第

13回最優秀賞・優秀賞・原田泰治賞の作品約30点を原画とともに展示します。作品に寄せられた思いと共に、一針一針丁寧に縫い上げられたもう一つの原田泰治の世界をお楽しみください。


1.展覧会名

 企画展「絵画キルト大賞作品展」


2.会期

 2017年9月15日(金)~2018年2月25日(日)


3.会場

 原田泰治美術館 第2展示室



2回最優秀賞「ジャカランダの丘」荒木恒彦(長野県)第2回絵画キルト大賞 荒木恒彦[ジャカランダの丘]画像.jpg

展示作品紹介【原田泰治の世界】

遠足 全国を取材し美しい日本のふるさとを描いた朝日新聞日曜版の連載作品や、100号や40号の大作などを展示。
その中から一部の作品を画像にてご覧いただけます。
展示作品一覧はこちら

ギャラリーさざなみ

【ギャラリーさざなみ】2018.1.17~2.25 杉浦俊之写真展

01.jpg

当館ギャラリーさざなみでは、安曇野市穂高在住・杉浦俊之さんの写真展を開催します。

自然豊かな長野県に憧れ移住し、人に焦点を充て撮り続けている杉浦さん。特に岐阜県・可児市に工房を構える「ヤイリギター」の職人を写すことをライフワークに、仏師の他、その地が醸し出す風景と人なども写しています。

人とのコミュニケーションを軸に、制作時の厳かな表情、そしてそこから解放された時の緩んだ表情などを写しとる手法は、原田泰治さんの綿密な取材に基づき描く精神に近いものがあります。

また、原田さんも、「まねきねこ」など工芸作品を制作する場面を多く描いていますが、原田さんの作品に通ずる「残したい日本の心」を、杉浦さんの作品からも感じていただけます。

普段は中信地域で展覧会を開催している杉浦さんにとって、本展は南信地域初の開催となります。

若手写真家の視点を作品を通して感じていただければ幸いです。


展覧会名  杉浦俊之写真展

日  時  2018117日(水)~225日(日)

場  所  原田泰治美術館 さざなみギャラリー

作品点数  40

>> ページの先頭へ戻る
トップページ美術館・施設のご案内展示のご案内ご利用案内
原田泰治プロフィールアクセス原田泰治公式ウェブサイト
〒392-0010 長野県諏訪市渋崎1792-375
TEL:0266-54-1881 FAX:0266-54-1882
haradamu@taizi-artmuseum.jp
Copyright (c) 2001-2010 Taizi Harada Art Museum
禁無断転載・複写